あぽろんのつぶやき

裏ブログ https://aporon2.hatenadiary.com/ もよろしくお願いします

ブラタモリロケ地の糸山公園展望台からのぞむしまなみ海道

大島を後にして、しまなみ海道の終着点の今治までやってきました

f:id:aporon2:20220113202623j:plain

今治の糸山公園というところに車を停め、舗装されてるようなされてないようなこんな石段を登っていきます

 

f:id:aporon2:20220111174822j:image

なかなかの急勾配

途中、謎の白蛇が横切るハプニング( ̄▽ ̄;)

 

f:id:aporon2:20220111174929j:image

7〜8分は登ったでしょうか

 

f:id:aporon2:20220113202651j:plain

目的の展望台が見えてきました


f:id:aporon2:20220111174825j:image

糸山公園展望台の入り口

 

ブラタモリしまなみ海道」のオープニングシーンの撮影ポイント

テレビ観てて、ここからの眺めが素敵だなぁと思って来てみました

 

タモリさん、ここまで登ってきたのか

けっこう大変だったのではなかったと思います( ̄▽ ̄;)

 

f:id:aporon2:20220113202717j:plain

というわけで、こちらの展望台から望む来島海峡大橋です

 

f:id:aporon2:20220113202738j:plain

ワタクシたちが走ってきたしまなみ海道

向こう側には大島が見えます

 

よ〜〜っっく見てみると、自転車で走行してる強者も見えます

 

f:id:aporon2:20220113202801j:plain

今治市街地側

日本食研」も見えてるのかな?

 

f:id:aporon2:20220113202821j:plain

普段当たり前に利用してる道路ですが、この道路にしても作るのには膨大なお金と時間と人力が必要なのですよね

 

この道が開通したことで生活が変わった島民もいるはず

物流もよくなったはず

この道の恩恵を受けてる人はたくさんいるはず

 

普段何気なく道路を走行するのにも、なにかと感謝しなくてはとこの展望台から思うのでした( ^ω^ )

 

いい眺めだったなぁ…

能島水軍潮流体験で…自分には海賊はムリだとわかった

因島を発ち、次に降り立った島は愛媛県今治市の「大島」

愛媛県側からだとしまなみ海道上で最初の島になります

 

前日因島水軍城で村上水軍について学びましたが、今回はこちらの島で潮流体験します

f:id:aporon2:20211230161257j:image

宮窪漁港にある「能島水軍潮流体験船・水軍レストラン」

店内の券売機でチケット購入して受け付け

 

物産展、レストランを通りお店の裏に出ると
f:id:aporon2:20211230161254j:image

遊覧船がスタンバイ

午前九時から午後四時まで、一時間おきに運航しています

 

ワタクシはこの日九時の便狙って行きましたが、どうやら潮流に最適な時間帯ってのがあるらしく(ネットに掲載してます)

たぶん潮の満ち引きで、波が激しいとか渦がたくさんあるとか、そんな感じかなと

 

せっかくなのでこの日最適な時間帯で乗りたいよね
f:id:aporon2:20211230161231j:image

ライフジャケットを着て出航です

 

平日ってこともあってか、ワタクシたちの他はもう二人

船頭さんと合わせて5人の航海なら全然密じゃない


f:id:aporon2:20211230161311j:image

潮目の変化がわかる

あそこに釣り糸垂らしたら…

 

周りをよく見ると至る所で潮目が

こりゃあ爆釣の予感が(≧∀≦)


f:id:aporon2:20211230161245j:image

船内アナウンスに従って決められたルートの航海

約40分の潮流体験、行ってきます!


f:id:aporon2:20211230161305j:image

大島、見近島、伯方島を結ぶ大島大橋


f:id:aporon2:20211230161239j:image

村上水軍の一派、能島水軍の本拠地「能島」

当時はあそこに水軍城があったそうです

 

仮に敵方が本拠地を攻め落とそうと近づいたとしても…
f:id:aporon2:20211230161234j:image

島の周りは凄まじい渦が

これでは全然上陸できません

 

ここで船のエンジンを止めると、船が上下に揺れるのはもちろん、いつの間にやら船の向きが180度旋回しちゃいます

 

村上水軍の強さは、この波、この渦の動きをしっかり把握して軽快に動けたことにあるのかな


f:id:aporon2:20211230161228j:image

鶏小島

アナウンスで何やら説明していましたが、代々伝わる伝説があるとか…

 

しかし、乗り物に酔い易いワタクシはこの辺でだいぶ意識がモーロー

全然話聞けてない(オエー😭)


f:id:aporon2:20211230161242j:image

大島大橋の下まで来たよ


f:id:aporon2:20211230161314j:image

そして能島の裏側に

 

土日、祝日はあそこに船をつけて上陸タイムも設けてあるそうです

ブラタモリでも上陸してましたね

 

能島の周りでも、上陸できるってことはこの辺は波が高くないってことでしょうね


f:id:aporon2:20211230161300j:image

遠目から能島城址を眺めてみる…


f:id:aporon2:20211230161249j:image

能島の隣、鯛崎島の岩礁に鎮座するお地蔵さまがこの地の安全を見守ってくれてるかのよう

 

なんとか吐くことなく、無事に潮流体験を終えたあとは
f:id:aporon2:20211230161236j:image

お向かいの「村上海賊ミュージアム」へ

 

館内はほぼ撮影禁止

村上海賊の歴史や文化を紹介してる博物館

 

因島水軍城とよく似てますが、こちらの特徴は能島城跡に特化して紹介してて、能島から出土されたものも展示してありました


f:id:aporon2:20211230161252j:image

これは当時の船を実物大に再現したものかな


f:id:aporon2:20211230161308j:image

能島村上家の嫡男、村上景親像がマスクしてました

 

あぁぁぁぁあああぁ…

楽しかったけど酔ったわ〜😅

 

福山・尾道のソウルパン「オカノパン」

因島水軍城で見つけた「岡野製パン」という文字

お金を奉納したのでしょうかね

 

で、そのパンが気になって調べてみたら、因島に製パン工場があって、福山や尾道のスーパーのパン売り場で販売されてるそうな

 

tabelog.com

 

f:id:aporon2:20211230152254j:image

因島の「ハローズ」で見つけました

レトロな雰囲気がありますかね

 

で、翌日の朝食として購入し、ホテルの部屋でいただきました
f:id:aporon2:20211230152302j:image

訪問日 2021年10月21日

メニュー ローズパン+チクワパン


f:id:aporon2:20211230152305j:image

福山の花「バラ」の形を模したローズパン


f:id:aporon2:20211230152300j:image

こし餡を包んで焼いたリング状のパンの中央にはホイップクリーム

甘い×甘いでなかなかヘビーだぞ


f:id:aporon2:20211230152257j:image

一番人気だというチクワパン

カラシマヨネーズが注入された竹輪が一本入った揚げパン

 

揚げ油×マヨネーズ、外から内から油で、なかなかヘビーじゃねぇか…

どっちもガッツリしたパンですね

 

なるほど、因島の子供はこれをオヤツに育ったからソウルパンなのかなと

どこか懐かしい、気取ってないパンが因島の人たちの心を離さない

 

f:id:aporon2:20211230152355j:image

宿泊した某因島内のホテルから望む景色

この景色を眺めながら美味しくいただきました

 

とても美味しかったです(≧∀≦)

ごちそうさま〜♪

 

さぁ、今日はどの島行きましょうかね♪

広島県尾道市「上田お好み焼」でいんおこ

上田お好み焼広島県尾道市因島土生町)

tabelog.com

島風お好み焼きと一言で言っても、地方によって特色があるそうで

ここ因島にも"いんおこ"と呼ばれる特徴的なお好み焼きがあるそうです

 

因島に宿泊のこの日は、せっかくなのでその"いんおこ"を夕食にいただきました

f:id:aporon2:20211230151949j:image

因島内のお好み焼き屋さんから今回チョイスしたのは、因島土生商店街にあります「上田お好み焼」さん

 

先客なし…ヨシヨシ…

ちなみに後客もいませんでした


f:id:aporon2:20211230151944j:image

メニュー

そばとうどんから選べますが、ご覧の通りで"いんおこ"はうどんがスタンダードなんですね

 

…1967年創業…ってことは50年以上続く老舗ですね


f:id:aporon2:20211230151941j:image

訪問日 2021年10月20日

メニュー お好み焼き(いんおこ)スペシャルとお好み焼き(そば)スペシャルのハーフ&ハーフ

 

うどんとそばを一枚ずつお願いしたら、半分ずつ分けてくれて

店主さん、ありがとうございます


f:id:aporon2:20211230151952j:image

断面です

 

左がうどん、右がそばです

そしてたくさんのキャベツがギュッと圧縮され、餅がトロ〜っと顔出してます


f:id:aporon2:20211230151946j:image

うどんもそばもソースで下味つけて炒めてあり、もっちりとしたうどんとパリッとしたそばの食感が楽しめます

 

ソースの味付けはあっさりめで、麺の美味しさを味わえるタイプ

マヨネーズや一味で味変しながらいただきましたが、一味でピリッとさせた味変がワタクシ好みでした

 

造船の島として栄えた因島、そこで働く人の胃袋を満たすためにガッツリ腹持ちのいいうどんをスタンダードにしたのが"いんおこ"の馴れ初めとか

 

お腹いっぱい、とても美味しかったです(≧∀≦)

ごちそうさま〜♪

 

 

ちなみに新しい"いんおこ"「村上海賊焼き」っていうのもあるそうです

具にタコが入ってて、村上水軍の旗を立てるって条件がついてるそうで

リサーチ不足で今回スルーしましたけど、ネタ的にはそっちの方が面白かったかも?

因島水軍城とはなんぞや

ランチ後は因島の観光

…って言っても、何があるんだろう

るるぶ様に聞いてみるけど、これといって…って失礼ですね

 

f:id:aporon2:20220102073613j:plain

因島のほぼ中央に位置する「因島水軍城」にやってきました

 

のぼり旗に書いてある「村上水軍」は日本中世の瀬戸内海で活躍した水軍(海賊)

このお城は実在していたのではなく、水軍城をイメージして建てられたそうですよ

 

しかし…

f:id:aporon2:20220102073644j:plain

なかなかの坂だなぁ…

 

f:id:aporon2:20220102073716j:plain

f:id:aporon2:20220102073750j:plain

建物内は因島村上氏が残した武具や古文書などが展示されてる資料館

 

f:id:aporon2:20220102073820j:plain

海賊って言ってもね、一般的に認知されてる海の盗賊とは異なり、瀬戸内海の交易や物流の秩序を保つ活動をしていた、当時でいうと正義の味方

この船は当時村上水軍が使ってた船の縮小模型

 

能島、来島、因島という三大村上家(もとを辿れば一つの家になるらしい)が当時の瀬戸内海を守っていたそうです

 

その航海技術は近辺の戦国大名に重宝され、水上の戦いでは圧倒的な力を誇っていたそうです

f:id:aporon2:20220102073849j:plain

鉄砲って、揺れる船の上で照準合わすことできたのかなぁσ(^_^;)

f:id:aporon2:20220102073924j:plain

この熊手で人引っ掛けて船から引き摺り下ろしたとか

痛そうだなぁ( ̄▽ ̄;)

 

あの織田信長も全く歯が立たなかったとか

その後、天下を統一した豊臣秀吉が海賊禁止令を発令すると、村上水軍は活動できなくなり毛利家などの大名の家臣になって、自然と海賊は消滅してしまったそうな

 

f:id:aporon2:20220102073958j:plain

なぜここにお城(資料感)が建てられたのか、詳細はわかりません

 

この高台から望む景色はなかなか壮大

船で侵入しようものなら、仮にここに見張りがいたらすぐにバレそうですね

 

いまだ謎多き村上水軍に少し興味が湧いてきたようなワタクシでした( ^ω^ )

広島県尾道市「ルリヲン」でキーマとレモンチキンのカレープレート

ルリヲン(広島県尾道市因島土生町)

tabelog.com

生口島を出て、次に降り立ったのは因島

f:id:aporon2:20211230141637j:image

因島の繁華街「土生商店街」沿いにあるカレー屋さんでランチ

 

いつだったか何気なくテレビ観てて、「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」って番組で訪れてて気になってました

 

事前情報ではけっこう人気で混雑するって聞いてたんですけど、運良くテーブル席が一つ空いてたのですぐに座れました(^^)v

 

f:id:aporon2:20211230132228j:image

訪問日 2021年10月20日

メニュー ルリヲンプレート+青唐辛子のピクルス+イチジクラッシー


f:id:aporon2:20211230132219j:image

付け合わせ三種はセットで付いてきます

 

大根の酢漬け、エッグマサラ(煮玉子)、蕪と胡瓜のスパイスサラダ

お口直しにこんなにあったらめちゃうれしい

 

青唐辛子のピクルスは興味本位で注文

100円だから少量かと思いきや、瓶で出てきてビックリ

 

あまり辛くなかったから助かったσ(^_^;)

…て言っても、辛いといえば辛いから要注意です(ー ー;)


f:id:aporon2:20211230132206j:image

ではメインのカレーをいただきます!

 

三種のレギュラーカレーから二つチョイスして合いがけになります

レモンチキンカレー(手前)とキーマカレー(奥)をチョイス

 

野菜やパパド、ターメリックライスが彩りよく盛り付けられてます

レモンスライスが広島らしさを演出


f:id:aporon2:20211230132209j:image

キーマカレーは粗挽きの豚で、とてもしっかりとした肉肉しい食感

 

岩木島レモンポークって品種だそうで、レモン食べて育ったそうですよ

いや、たしかに言われてみればサッパリとしてるような気がする


f:id:aporon2:20211230132216j:image

レモンチキンカレーはキーマよりもトマトを使用して、後からレモンの風味がするのもあってサッパリとしたテイスト


f:id:aporon2:20211230132213j:image

鶏モモがほろほろに柔らかくて、簡単に骨から外れるくらい

 

カレー自体は辛さはなく、スパイスの風味と素材の旨味で食べさせてくれるカレー

辛さを求める方は青唐辛子ピクルスを自己責任でどうぞ(笑)


f:id:aporon2:20211230132222j:image

尾道らしくイチジクのラッシーを食後にいただきました

 

地産地消にこだわった、広島の恵みたっぷりのカレー

とても美味しかったです(≧∀≦)

ごちそうさま〜♪

生口島の「しおまち商店街」で掘り出し物をゲット

耕三寺を後にして、左側…

f:id:aporon2:20211127121044j:plain

サイクリストのオアシス「しおまち商店街」

せっかくなのでぶらぶらしてみますか

 

f:id:aporon2:20211127121128j:plain

この日は平日の昼間ともあってか静かで長閑

でも趣のある民家や倉が並び、どこか懐かしさも感じる

 

f:id:aporon2:20211127121154j:plain

飲食店やお土産屋さんがちらほら見受けられます

 

特に精肉店から発する揚げ物の匂いが人を引きつけようとしてくる

ハムカツ、美味しそうだったんですけど、この後ランチが控えてたのでf^_^;

 

f:id:aporon2:20211127121219j:plain

ポストが黄色い

レモンの島「生口島」ならではからかな?

そういえばカラーコーンも黄色でしたね

 

f:id:aporon2:20211127121245j:plain

カフェを見つけました

黒猫さんが窓際で店番してますね

 

レモンバターチキンカレーか…

一応この日のランチは別のカレー屋さんで考えているしな…

 

黒猫さんがじっと見つめてきましたが…

ごめんよ、今回は縁がなかったということでf^_^;

 

物産展がいくつかあって、この商店街でしか見つけられなかったものがいくつか…

f:id:aporon2:20211123174949j:image

まずは富士本舗さんの「レモン醤油」

 

物産展のおかあさんに「ここでしか買えないですよ」の一言で即購入!

これがワタクシたちの中で大ヒットでして

 

冷奴とか寄せ鍋とかにはもちろんですが、一番は卵かけご飯!

スッキリ爽やかなレモンの香りは、体がシャキッと目覚めさせてくれます

 

ただ醤油とレモン掛け合わせただけだとレモンの苦味が勝っちゃうのですが、これは出汁使ったり、味醂や砂糖でまろやかにしてる

これ…ネットで気軽に買えたらいいなσ(^_^;)

 

f:id:aporon2:20220101083333j:image

あとは「レモンちゃん麺」と「レモン漬け」

これまだ食べてない…( ̄▽ ̄;)


f:id:aporon2:20220101083331j:image

おたふくソースは広島土産の定番ですけど、このカレーソースは初めて見つけました

 

カレーソースはトーストとかドライカレーに使えますけど、これもなかなかに美味い!

 

気軽に行ける場所じゃないので爆買いしましたけど、素敵なところでした

機会有れば、今度は商店街近くで泊まってみたいなって思うくらい、ノスタルジックな商店街でした( ^ω^ )